マンション売却時の壁のシミ・落書きとフローリングの傷

マンション売却時の壁のシミ・落書きとフローリングの傷

住み慣れたマンションを売却することになり、すぐに内見が決まりました。
売却を決めてからは、いつもより掃除に力を入れていましたが、
壁の汚れや穴、フローリングの傷などは手つかずの状態でしたので
ホームセンターで補修のアイテムを購入しました。

 

壁紙のシミや落書きの消し方

我が家には子供が二人。
壁紙はシミや、落書きもあります。
水性の汚れは、洗剤を付けたスポンジで軽くこすり水拭きすれば取れるのですが、
落ちない頑固なシミもあります。
その場合、ホワイトの壁紙には塩素系の漂白剤を水で薄め、
歯ブラシで優しくこすり、そのまま10分ほど置きます。
汚れがにじんで落ちてきますので、
水を固く絞った雑巾でふき取るとキレイに落ちます。
色や柄の入っている壁紙は酸素系の漂白剤を使わないと、
色落ちや柄がこすれて変えって目立ってしまうので注意してください。

 

このように漂白掃除をしても落ちない汚れは、
壁紙用の接着剤を使って汚れを隠す方法もあります。
壁紙の色より少し明るめの接着剤を選んで隠しましたが、
色の選択が難しいので広範囲の汚れには向いていないと思います。
油性のマジックの落書きを線で隠す感じならば、キレイに仕上がります。

 

我が家の壁紙には画びょうの穴と、釘の穴もあいていました。
ホームセンターには壁紙用の穴埋め剤が売っていますので、
色を選んで穴埋め剤を奥まで入れ、専用のヘラで埋めてキレイにしました。
近くによって注意して見ない限り、本当に穴が分からない状態まで修繕できました。

 

壁紙はつなぎ目からはがれが目立っていたので、
マジックの後を隠すのに使った接着剤をはがれた部分に塗って
ローラーで空気が入らないよう押さえました。
これで壁紙の目立つ傷や汚れがなくなりました。

 

フローリングの傷消し

フローリングには、子供が小さいころに乗っていたおもちゃの
車のタイヤがあちこちにあります。
これを目立たなくするために、まずワックスをかけてみました。
光沢が増せば、窓側の色あせや傷が目立たなくなるのではと思いましたが、
大して効果はありませんでした。
そこで、ホームセンターで相談したところ、
床のアイテムがたくさんある事を知りました。
傷の深いひっかき傷には、
塗りこんでうめる「キズ消しクレヨン」。
比較的浅い傷やカスレには、
傷に沿って塗り拭きのばす「キズ消しマーカー」。
思いきりへこんでしまった床には、
ねってへこみに埋める「キズ消しねんど」などもありました。
これらのアイテムを使って、パッと見では
傷やへこみには気が付かない程度まで手なおしすることができました。
内見の方は、購入後リホームを考えている場合も多いと思いますが、

壁紙や床がキレイになっているほうが印象も良く、
全体的に部屋も明るく広く見えるようです。
ホームセンターで数千円の出費で半日もあれば出来るので、
少しでもマンションが高く売れるであればお手入れするべきだと思いました。