マンション売却にかかる仲介手数料

マンション売却にかかる仲介手数料

仲介手数料って値引きなんて出来るの?

 


 

私が、不動産会社と仲介契約をした際には
仲介手数料のことなんて何も考えていませんでした。
相手も超大手の不動産会社なので安心していたということもあるでしょうが、
手数料なんて法律で決まっているだろうと勝手に考えていたのです。
改めて調べてみると、一般的には以下の計算式で手数料を取られています。

 

売買価格(税抜き)×3%+6万円=仲介手数料(税抜き)
売買価格(税抜き)×3.24%+6.48万円=仲介手数料(税込み)

 

 

 

更に法律を詳しく調べてみると
その額を超えて報酬を受けてはならない」と記載されています。

 

逆に言うと、それ以下であればいくらでも構わないということなのです。
我が家の場合は、上記金額で仲介手数料を支払しているので、
「上限」の手数料を払ったことになります。
色々ネット上の情報を調べてみても、
ほとんどの不動産会社が「上限」での手数料を取っているようです。
しかし、たまたま2年前にマンションを売った親しい友人に聞いてみたところ、
手数料の割引交渉をして、実際に25万円の割引に成功したそうです。

 

特に、仲介業者と契約してから、広告費等を使う前に
あっさりと売却が決まった場合など交渉の余地があるとの話でした。

 

確かに、売買金額が大きい場合、
例えば2億円のマンション売買などとなると仲介手数料だけでも600万を超えます。
売却に関する経費は1000万のマンションを売る場合と大差ないでしょうから、
不動産会社としては相当な暴利となるはずです。
ですから、金額が大きいマンションを売却する場合などは、
契約時に仲介手数料の値引き交渉をしてから、契約するのも良いかと思います。
最初から、一括査定等を利用して数社の説明を受け、
その際に率直に聞いてみるのが間違いないと思います。

 

 

>>イエウールの無料60秒査定

 

 

一般的に仲介手数料は
売買価格の3.24%(税込)+6.48万円(税込)が上限で、
大抵の場合この上限価格取られるみたいですね。
但し、売買価格が大きかったり、広告費がほとんどかからないような
特殊の場合に値引き交渉の余地があるみたいです。