マンション売却 媒介契約

マンション売却時の媒介契約

 

マンションを売却する際には、
大抵の場合仲介業者を立てますが、
その仲介業者との契約形態には3種類あります。
それぞれ説明します。


 

一般媒介契約
専属媒介契約
専属専任媒介契約

 

 

一般媒介契約

 

 

一般媒介契約の説明をします。
あまり使われない契約ですが
知識として入れておくといいかもしれません。


複数の不動産会社と契約が可能な契約形態です。
複数の不動産会社と契約することによって、
それぞれの不動産会社が持つ顧客とアクセス出来る為
買主が見つかる可能性が高くなります。
しかし、この契約の場合、不動産会社は販売活動を報告する義務、
「不動産指定流通機構」への登録義務がありません。
また、一生懸命販売活動をして顧客を見つけてきても
他の不動産会社の顧客に先を越されたら
掛けた経費が全て無駄になります。
そういうことから、この契約の場合不動産会社は
積極的に動くことがなくなるので
買い手がなかなか見つからなかったり
質のいい顧客を紹介してもらえなかったりするデメリットがあります。

 

 

専任媒介契約

 

専任媒介契約の説明をします。
こちらもあまり使われない契約ですが
知識として入れておくといいと思います。


専任媒介契約は、上記の一般媒介契約とは違い
1社の不動産会社としか契約することができません。
なので、その不動産屋が持つ顧客としかアクセスできないという
デメリットはありますが、この契約をした不動産会社は
2週間に一度以上の販促活動の報告義務を負います。
また、売却が決まれば確実に仲介手数料が入ってくるので
上記の一般媒介契約とは違い積極的に活動を行ってくれます。
但し、この契約の場合、売り主本人が自分で顧客を探すことが可能です。
売り主が顧客を探し出してしまった場合
不動産業者は仲介手数料が入りません。
その場合、かかった経費を請求される場合があります。

 

 

専属専任媒介契約

 

専属専任媒介契約の説明をします。
ほとんどの契約はこの専属専任媒介契約です。
上記の専任媒介契約と似ています。


専属専任媒介契約は上記の専任媒介契約と同じく1つの不動産会社としか契約は結べません。
また、上記の専任媒介契約では許されていた、売り主本人が買い手を探す行為もNGです。
その代わりに不動産会社は下記のように動いてくれます。

売り主に1週間に一度以上の状況報告
契約後5営業日以内に「不動産指定流通機構」に物件登録

専任媒介契約では許されていた、売り主本人が行う販促活動を禁止にする代わりに
上記のように動いてくれるので断然こちらの契約のほうがいいです。
売り主本人が自分で買い手を探せるような人はほとんどいないし
そんな人なら、そもそも仲介業者に頼らずに自分で買い手を探します。

 

マンション売却時の契約は専属専任契約が基本です。
なので、自分にあった不動産業者を探すことが重要になってきます。
そういった意味でも一括見積サービスが多数の人に重宝される理由です。

 

>>イエウールの無料60秒査定